学校紹介

ご挨拶

医療人として人間味のある
看護師を育てる。

医療法人珪山会は昭和35年鵜飼外科医院としてこの地に一歩を踏み出しました。以来62年にわたり医療・介護・教育に関わってきました。 鵜飼病院、鵜飼リハビリテーション病院、老健第1若宮、通所リハ ウカイ、大門訪問看護ステーションで医療・介護に従事し、昭和57年中部リハビリテーション専門学校を、平成3年に中部看護専門学校を開校しました。平成4年には中部リハビリテーション専門学校にこの地方では他にさきがけ夜間部を併設し、一度社会に出てから理学療法士の道をめざす人たちが働きながら学ぶ場を作りました。昼は鵜飼リハビリテーション病院で働き、夕に夜間部で学んだ理学療法士がたくさんいます。

「自立」「健全」を教育理念とし、知識・技術だけでなく医療人としての人間教育を重視し、人間味のある多くの理学療法士・看護師を、これまで社会に送り出してきました。これからも医療の現場である病院と専門学校が一体となっての教育を実践していきます。

医療法人 珪山会
理事長 鵜飼 泰光

医療法人珪山会 理事長 鵜飼 泰光

夢、憧れ、そしていま。

黙々と病者のために働く姿、溢れる優しさ、凛とした勤務中の姿勢、病者へ優しく応対する姿に皆さんは憧れているのではないでしょうか。看護師は医師に次ぐといわれるほど広い業務内容も魅力です。また、新型コロナ感染により看護師に寄せられる期待は高まってきています。

当校は、心の成長、知識の集積と看護技術習得のために十分なカリキュラムを用意しています。

どうか本校への入学を果たし、素晴らしい看護チームの一員として羽ばたいてください。

医療法人 珪山会 中部看護専門学校
名誉校長 高橋 英世

医療法人 珪山会 中部看護専門学校 名誉校長 高橋 英世

エッセンシャルワーカー

エッセンシャルワーカーとは、人々が日常生活を送るために欠かせない仕事を担っている人のことです。多くの職業が挙げられますが、中でも医療・福祉の分野はその筆頭でしょう。

全世界をコロナ禍が覆い、人々が脅威に曝されるなか、医療者が懸命の治療にあたる姿は、多くの感謝、尊敬に迎えられました。とりわけ看護師の職務の重要性は現在ほど正しく認識された時代はないと思います。看護は技術も必要ですが、それを支える優しく人に寄り添う心が何より大切です。毎日の仕事に誇りを持ち、自らも感動できる職業の第一は看護師でしょう。

どんな時代でも最も必要とされるエッセンシャルワーカーへの第一歩を、中部看護専門学校で始めましょう。教員一同のみならず、珪山会グループ全員があなたを支えるため努力を惜しみません。

医療法人 珪山会 中部看護専門学校
学校長 宮田 完志

医療法人 珪山会 中部看護専門学校 学校長 宮田 完志

沿革

  • 昭和35年10月 鵜飼外科医院開院
  • 昭和52年7月 医療法人珪山会鵜飼病院へ改称・病床数70床に増床
  • 昭和57年4月 中部リハビリテーション専門学校(理学療法学科)設立
  • 昭和60年4月 日本聴能言語学院設立
  • 平成2年3月 老人保健施設若宮開設
  • 平成3年4月 中部看護専門学校(看護科)設立
  • 平成4年4月 中部リハビリテーション専門学校二部(夜間部)併設
  • 平成8年4月 学校法人珪山学園設立日本聴能言語福祉学院を移管
  • 平成12年7月 鵜飼リハビリテーション病院開院
  • 平成12年8月 老人保健施設第1若宮開設
  • 平成19年6月 適所リハウカイ開設
  • 平成23年5月 鵜飼リハビリテーション病院 中村区太閤通4-1に移転
  • 平成23年10月 鵜飼病院 中村区寿町30に移転
  • 平成26年4月 中部リハビリテーション専門学校学校法人珪山学園へ移管
  • 令和3年6月 老人保健施設第1若宮閉所
  • 令和4年1月 鵜飼在宅センター大門開設