学校紹介

建学の精神

中部看護専門学校ロゴ

本校は、平成3年(1991年)4月に開校しております。
中部看護専門学校設置者の医療法人珪山会(けいざんかい)初代理事長鵜飼昌訓(まさのり)先生が、平成7年3月に設立準備当時の「建学の精神」・「校名」・「校旗」・「校章」の思いをしたためられたものであります。

建学の精神

自立 健全

現代の高度成長・安定成長からバブルの崩壊…混迷する社会構造へと変化しております。人間にとって、何をする事が最も大切であろうか、我々には理解出来ないことばかりである。最近感ずる事は、人々のなかには、自我意識過剰で、自己主張が多く、他をかえりみないといった事で、人間性が次第に喪失されようとしている。その人たちは”価値観の違いだ”といっているが、基本的に相違点が有る筈がないと考えている。

昭和55年頃のことであるが人間尊重の立場から、診療も大切だが更に大切な事は若い人の教育である。然し、我々の出来る範囲は限られていて、医療従事者の育成ならばできよう。これこそは現在、また将来においても重要であろうとの思いに至った次第である。キャッチフレーズは『人間尊重の為の教育』即ち、自分で自立出来るように知識と技術を学び国家資格をとる。そして接する人にも自立出来るように指導とお世話をする。換言すれば、人から頼られ責任をもちうるように自己の確立と実現をする。それには誠実さ・善良さと高潔な人柄を基盤としなくてはいけない。そうした願を込めて『自立・健全』を校訓としたのである。

昭和55年看護学校の設立を考え、愛知県衛生部に相談したところ、設立条件を満たさないという事で先送りとして、中部リハビリテーション専門学校の計画をした。

平成元年12月25日、300床に増床の許可を頂いた日に衛生部の先生に再び相談し、ご指導を頂いて、平成3年3月認可を頂いた。昭和55年以来、願い続けた夢の実現が出来たということであります。

校名

中部看護専門学校 …… 言葉として、語呂と響きがいい。
日本地図の中で中部地方に位置し、中部に由来するのであり、中庸の徳を積むといった円満な人格形成を意図して命名しました。
教職員と全学生が何のわだかまりも無く、相互の信頼・理解・協力・献身・努力によって校名を挙げましょう。そして沢山の学生が均整のとれた人に成長して、その名を天下にとどろかせたい。一人一人が愛校心をもち、愛校心を発揮させて頂く事がその原動力をなすものでありましょう。

校旗

非常にいい色調とデザインで、中部看護専門学校の象徴であります。校長自らメーカーに出掛けて、製作したもので、先生の温容にして高邁なお人柄とご性格がよく現れており、先生のお心と魂がこもっております。
毎年4月の入学時、多くの新入生が校旗のもと、我々の一員に加わり、また3月には卒業生が未来へと巣立ちをしております。
入学式・戴帽式・学園祭・卒業式など祝典行事には必ず誇り高く掲げられてきましたが、これから先いつまでも掲げてゆく事になります。校旗こそ我々のシンボルであり、学校の精神であります。
中部看護専門学校で学ぶ者は、校旗の下に美しく・偽りのない・たくましい人に育ち、自立健全の精神を貫いて、社会のために貢献していただきたいものであります。

校章

校章

かたばみ(片喰)を原型としている。黄金草

紋章の中で最も美しく、やさしい、シンプルな紋で、三枚の葉は慈悲・慧智・力を現して、互に手をとり合って調和を願う紋であります。西洋では三つの葉は”スリーハート・しあわせ”の訪れを現していると云われています。
カタバミは、医療に携わる者として最も大切な〔慈悲・慧智・力〕を顕現するもので、原野に自生しており、刈り取っても、刈り取っても繁殖する。可憐に見えるが、どうしてどうして強い強い植物であり、小さい美しい花を咲かせながらどんどん実を結んでゆく、生命力の非常に旺盛な植物であります。

このように、表面的には別々のようにみえても、蔓で結ばれ同根同枝であり、一致団結の象徴といわれております。
中部看護専門学校の名のもとに、共に勉学し、共に運動し、喜びも悩みも共にすること。校長、教務、事務職と学生全体が一つであること。現代社会の人間疎外や孤立化という事を無くしたい。教師の努力によって、学生相互の内面的結び付きを強めて、カタバミのように本当の共同体としての連帯感を一人一人が持って、期待される看護婦としての資格を獲得して下さい。皆さん、輝かしい未来を信じて、毎日を思考し、判断し、行動しましょう。〔平成14年の法改正により看護師となる〕
校章は学校の象徴であり、学校の精神を表している事を考えて下さい。そして誇りをもって校章を身につけてゆきましょう。

カタバミには芽出たい由来があります。
生命力の強いことより、秦の始皇帝が紋章とした。鎌倉時代に土佐に来往した未孫秦氏が、姓がまずいとして長曽我部に変えたが、紋はそのままで武門の宣揚とした。
また、清和源氏の新田氏は、田畑の畦の雑草で弱そうで強いカタバミを紋とした、という話。

教育理念

看護は、生命の尊厳と人格の尊重を基盤として成立し、看護する個人と看護される個人の相互作用によって対象がより健康に、または平安な死を迎える為に対象の基本的欲求を充足してゆく過程である。

本校は、地域社会及び個人の健康のニーズに対応した看護を提供できる人材を育成する。その為には、看護の対象となる人間を総合的に理解し、対象の持つ健康の問題に対し、科学的な思考に基づき積極的に問題解決できる能力を身につけなければならない。

学生は、自己の発達課題を達成しつつ、看護の学習に取り組んでいる存在である。学生の人格形成は、人間の尊重を基盤とし、常に自己理解や他者理解を深める努力を続け、精神面・行動面において調和のとれた社会人として育成される。

教育する者は、学生の主体的学習が常に継続し、活発に行われるように動機づけ、機会を提供し、学習環境を整えてゆかなければならない。

教育目的

人間の尊重を基盤とする豊かな人間性を養い、専門職業人として、看護を実施するために必要な基礎的能力を修得し、保健医療チームの一員として看護の役割を社会に位置づけ、地域社会に貢献できる能力を養う。

教育目標

  • 看護の対象である人間を身体的・精神的・スピリチュアル的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
  • 人々の健康の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践するために必要な基礎的能力を養う。
  • 人々の多様な価値観を認識し、倫理に基づいた看護を実践できる能力を養う。
  • 専門職業人としてよい人間関係を築くために必要な能力を養う。
  • 保健、医療、福祉チームの一員としての役割を理解し、連携・協働して地域社会において活動できる能力を養う。
  • 国際社会の動向に関心を持ち、看護者として自己啓発できる姿勢を養う。