教育理念・目的・目標

教育理念

 看護は、生命の尊厳と人格の尊重を基盤として成立し、看護する個人と看護される個人の相互作用によって対象がより健康に、または平安な死を迎える為に対象の基本的欲求を充足してゆく過程である。
本校は、地域社会及び個人の健康のニーズに対応した看護を提供できる人材を育成する。その為には、看護の対象となる人間を総合的に理解し、対象の持つ健康の問題に対し、科学的な思考に基づき積極的に問題解決できる能力を身につけなければならない。
学生は、自己の発達課題を達成しつつ、看護の学習に取り組んでいる存在である。学生の人格形成は、人間の尊重を基盤とし、常に自己理解や他者理解を深める努力を続け、精神面・行動面において調和のとれた社会人として育成される。
教育する者は、学生の主体的学習が常に継続し、活発に行われるように動機づけ、機会を提供し、学習環境を整えてゆかなければならない。

教育目的

 人間の尊重を基盤とする豊かな人間性を養い、専門職業人として、看護を実施するために必要な基礎的能力を修得し、保健医療チームの一員として看護の役割を社会に位置づけ、地域社会に貢献できる能力を養う。

教育目標

  1. 看護の対象である人間を身体的・精神的・スピリチュアル的・社会的に統合された存在として幅広く理解する能力を養う。
  2. 人々の健康の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践するために必要な基礎的能力を養う。
  3. 人々の多様な価値観を認識し、倫理に基づいた看護を実践できる能力を養う。
  4. 専門職業人としてよい人間関係を築くために必要な能力を養う。
  5. 保健、医療、福祉チームの一員としての役割を理解し、連携・協働して地域社会において活動できる能力を養う。
  6. 国際社会の動向に関心を持ち、看護者として自己啓発できる姿勢を養う。

Contents

姉妹校

携帯サイト

スマートフォンサイト

リクルート進学ネット

珪山会グループ